敏感肌のためのスキンケアについて

アンチエイジングと敏感肌のケアを簡単に

製品一覧表

アンチエイジングと敏感肌のためのスキンケアを簡単に

敏感肌のためのスキンケアについて

敏感肌のケア」は、いくつかの基本的なルールに基づいて行われます。しかし、敏感肌ケアのルールを掘り下げる前にも、「敏感肌とは何か」を理解しておくことが大切です。敏感肌とは、好ましくない条件(環境/その他)に耐えられず、異物(スキンケア製品を含む)に触れると簡単に刺激を受けてしまう肌のことです。そのため、敏感肌用のスキンケア製品として特別に表示されている製品もあります。しかし、敏感さの度合いは人によって異なります(それに応じて、敏感肌ケアの手順も異なります)。

一般的に、すべてのタイプの肌は、洗剤やその他の化学物質をベースにした製品に悪影響を及ぼします。しかし、一般的には、定義された閾値(または耐性レベル)を超えたところからダメージが始まります。敏感肌の方は、この許容範囲が非常に狭く、簡単かつ迅速に肌がダメージを受けることになります。敏感肌用のスキンケア製品は、潜在的な刺激物を避けるか、または非常に低い濃度に保つようになっています。

ここでは、敏感肌の方のスキンケアについてご紹介します。

  • 敏感肌用のスキンケア製品のみを使用してください(例:敏感肌用のスキンケア専用のマークがついている製品)。また、製品の説明書/注意書きを確認し、製品に関連する特定の制限/警告があるかどうかを確認してください)。
  • 敏感肌用の化粧品でも、防腐剤や着色料などの添加物が少ないものを選ぶこと
  • 化粧水は使わないでください。ほとんどの化粧水はアルコールベースで、敏感肌にはお勧めできません。
  • 洗濯などの化学薬品を使った掃除をするときは、保護用の手袋を着用してください。ゴムアレルギーの方は、ゴム製の手袋の下に綿製の手袋を着用すると良いでしょう。
  • 敏感肌ケア」のもう一つの重要なポイントは、太陽に過度にさらさないことです。塗布する 日焼け止めローション 太陽の下に出る前に
  • 埃やその他の汚染物質にさらされないようにすることも重要です。 センシティブ・スキンケア.そのため、外出前には十分な防寒対策を行ってください。
  • 敏感肌用のスキンケア製品として、低刺激性のノンコメドジェニックなモイスチャライザーを使用する(敏感肌用のスキンケア製品として特別に表示されているものがない場合)。
  • ソープフリーで使用し アルコールフリークレンジング.外出先から帰ってきたら、必ず顔を洗ってください。
  • 強くこすったり、角質を除去したりしないでください。赤みが出たり、炎症を起こしたりすることもあります。
  • 長時間メイクをしたままにしないこと。低刺激性のメイクアップリムーバーを使用する。

つまり、敏感肌のスキンケアは、通常のスキンケアとは大きく異なります。敏感肌ケアは、どちらかというと、肌に気を遣うことを目的としています(敏感肌用のスキンケア製品と、肌への残虐な環境からの保護という意味で)。

魅力的な情報を見逃さないために、ニュースレターを購読してください。

製品一覧表